東日本大震災から11年目を迎える被災地を訪ねる旅☆

11年目の東日本大震災被災地を訪ねる旅 

被災地の今を知り、復興を支援する…

東日本大震災から11年が経とうとしている被災地(石巻市・女川・松島海岸)を訪ねる旅

 

2022年3月10日(木)~12日(土) 3日間

◇参加費

仙台 発着→49,000円

※名古屋発着をご希望のお客様はお申し出ください。

◇定員:20名(最少催行15名)

◇申込締切日:2月17日(木)

※資料をご請求されたお客様には弊社よりご連絡いたします。

※前回はバリューザホテルに2泊でしたが、

今回は松島の壮大な景色が堪能できるリゾートホテル大観荘にも宿泊予定です。

 

◇旅行費に含まれるもの

・仙台駅発着の3日間の専用バス代

・宿泊費2泊

※バリューザホテルは全てシングルルームです。

※大観荘は4名1室利用料金

(2名1室をご希望の場合、また一人部屋をご利用は追加料金が必要ですが、お受けできない場合もございます。追加料金は後日ご案内を致します。)

・現地講師謝礼

・訪問施設へのお土産代

・食事代(2朝・1昼・2夕食付)

※飲み物代金は含まれていません。

※東京、大阪、名古屋等の他県からのご参加の方で往復航空便や新幹線をご利用の方は、弊社にご用命ください。ご用命の時期・人数等により宿との組み合わせで割引チケットをご用意できる場合があります。

※ジパングクラブの会員の方はご自身で新幹線チケットをお買い求めください。

※仙台発着の料金です。ご注意ください。

 

 

☆コーディネーターは、元名古屋短期大学教授 野津 牧先生☆

 

◇企画の趣旨◇ (元名古屋短期大学教授 野津 牧先生より挨拶)

このところ地震の発生や火山の噴火などが続き、日本列島は活動期に入ったと言われており、南海トラフ地震や首都直下地震等の発生も心配されています。今回は震災11年目の3月11日を被災地で迎え、被災者の方々と共に犠牲になった方々の慰霊も行う企画としました。

震災時どのように人々は避難し、助かり、そして亡くなったのか、私たちは東北の人たちから学び、教訓を生かす必要があります。また東北も新型コロナウイルスにより大きな影響を受けています。日本三景の松島を始め、被災地を巡ることにより復興支援につながればと思います。

かつて東北の大学でも教鞭をとり、2011年から東北の子どもたちの支援を続けています。今回の旅行の企画並びに旅行に同行させていただき、震災当時からの移り変わりを解説させていただきます。

 

 

すべての掲載ツアーを表示

PAGE
TOP